CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 絲山秋子 “袋小路の男” | main | 桜庭一樹 “私の男” >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2008.04.01 Tuesday | - | - | - |
恒川光太郎 “秋の牢獄”
恒川 光太郎
角川書店
¥ 1,470
3作目ですよね、本当にすごい。“夜市”から文庫じゃなく単行本を買い続けている。そして今回も装丁がきれい。単行本買って後悔しないだろうなっていう作家を見つけられるのってすごいこと。
短編が3作。どれもホラーっていうわけじゃないけど、なんだかひたひたと寒気が忍び寄ってくるようなお話。読みやすいのに軽いわけじゃない。表題作はちょっと雰囲気が違うかも、でもどの話もそれぞれ好きだ。次も楽しみだなあ。
…「北風伯爵」のような存在はどこかに居るんだろうか。
| 2007.12.30 Sunday | 読書記録 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| 2008.04.01 Tuesday | - | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://37ppe.jugem.jp/trackback/149
トラックバック