CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 乾くるみ “イニシエーション・ラブ” | main | 畠中恵 “つくもがみ貸します” >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2008.04.01 Tuesday | - | - | - |
川上弘美 “溺レる”
文春文庫のフェアだったので。変な短編集だった。なんというか、すごく好みじゃない、面白味を感じない。話の流れも好きじゃないし、文章も好きじゃない。前読んだこの人のほかの本は良かったのになあ、わりと昔の作品だからかなあ。
たとえば、何でもない日常を描写するとして、それを小説的に美しく仕立てるか日常そのままに近づけようとするか、どちらかだと思うんですが(わざと美しく見せないつくりの話は除いて)、これは美しく見せようとしたらどうでもよさとか醜さが際立ってしまった、って感じがする。…かなり偉そうな物言いだけど。。どうしよう、同じ時にこの人のほかの本も買ってしまったんだけど…読めるかな。
| 2007.10.13 Saturday | 読書記録 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| 2008.04.01 Tuesday | - | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック