CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 歌野晶午 “葉桜の季節に君を想うということ” | main | 真保裕一 “ストロボ” >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2008.04.01 Tuesday | - | - | - |
木堂椎 “りはめより100倍恐ろしい”
何かの受賞作かと思うけど、その時「りはめ」って何だろう??とずっと思ってて…文庫化していたので買ってみた。正解は『「り」は「め」より100倍恐ろしい』。読みだすとすぐ判明する。内容は平たく言うと、いじられキャラ大奮闘、いじられキャラは頑張ってもいじられキャラ、といったところだろうか。正直目を背けたくなるような人の醜さ盛りだくさんで、途中で一度読むのを放棄した。一応最後まで読んだけど、これは「あ〜あ…」とため息が出るというか、虚ろになってしまう感じ。何というか、こんなに後味の悪い本はなかなか無いな…。
| 2007.09.22 Saturday | 読書記録 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| 2008.04.01 Tuesday | - | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック