CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< キャベツとアスパラのオイルパスタ | main | 椿屋四重奏 “幻惑” >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2008.04.01 Tuesday | - | - | - |
森絵都 “カラフル”
表紙の鮮やかな黄色が気になって買ってみた。過去に過ちを犯した魂が、「抽選に当たったため」に再チャレンジを権利を与えられ、自殺を図って病院で死に絶えるところだった中学生の男の子のからだへ「ホームステイ」する。過去の過ちを思い出す事が出来たらもう一度生まれ変わることができると話すおちゃらけた天使と、何やら問題だらけに思える家族とともに、数カ月を過ごす…。なんだか真面目なような不真面目なような話だ。妙に暗さが付きまとい、どことなーく違和感を感じさせる展開が続く(これは批判じゃなく、話の内容として正しいことだ)…でもさくさく話が進んで読みやすく、読み終えてみればなかなかほほ笑ましく、たのしいお話だった。最後のシーン、一歩足を踏み出した彼は、「帽子」とどんな会話をしたんだろう。
| 2007.09.13 Thursday | 読書記録 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| 2008.04.01 Tuesday | - | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://37ppe.jugem.jp/trackback/129
トラックバック